自律神経を取り戻せ!

現実はいつも私に選択を迫る

*

週休2日って週5日8時間労働って意味じゃないよね

      2017/10/08

スポンサーリンク

こんにちは、ニートです。

働いていたときよく思っていたんですが、週休二日って言葉、あまり好きではなかったんです。

slave

スポンサーリンク

休みが週に2日あるという意味

これ、逆に言うと平日の5日間は一般的な労働契約の「一日8時間」ではなく「一日単位」で考えてますよね。極端に言うと「一日24時間」を労働のリソースとして考えている言葉に思えるんです。

1日8時間労働の歴史

100年以上前にもなるんですよ、ただし、外国では。

1890頃に欧米の運動で

「仕事に8時間を、休息に8時間を、おれたちがやりたいことに8時間を!」

というスローガンでデモをして勝ち取った条件のようです。「おれたちがやりたいことに8時間」だなんて日本じゃありえませんね。かなりのホワイト企業か一部の市役所職員ぐらいなのではないでしょうか。私もそれなら働けたかもしれません。

日本は「時間の価値」に対して疎いのでは

100年以上前から欧米では「時間」というものに価値を見出して活動が起きたというのに、日本では残業が当たり前、むしろ定時で帰る人間はやる気がなく昇進ルートから外れる、といった価値観が多いですね。「残業すると頑張ってるアピールができる」なんていう意識高いのか何だかわからない非効率な人間がいたのも事実です。バブルの時代と違い働けば働いた分だけの見返りがある時と、現代の低賃金になってしまった不景気とでは状況が変わっていることも理解したうえで「働き方」を見直していくべきかと思います。

日本人は時間の使い方を知らないのでは

私のいた会社が特殊だったのでしょうか、「趣味がない」、「家に帰ってもやることがない」、「疲れた」、そんなことばっかり言ってだらだら仕事してました。そういった人たちと働いていると自分の価値が下がってしまうと危機感を覚えました。まるで人生が楽しそうではないんです。私としてはそこそこ趣味もありますし連休があれば海外旅行行きたいし、早く帰って料理したり酒も飲みたいしパソコンいじりたいしなんて思っている方なので理解に達しないのですが、「仕事しかやることがない」という人間になってしまってはだめだと思うんです。「仕事が楽しすぎて仕事しかしたくない」なら素敵ですけどね。惰性で生きることから私は「生き方」を見出せませんでした。

成果主義とうたう長期雇用

終身雇用がほとんど崩壊してしまって「成果主義」なんていうのに5年はなんたらだの、5年あったらよその会社で実績出せるポテンシャルの人、結構多いのではと思います。人材の使い方がもったいない。入社してから部署が決まるなんて狂ってる。バリバリ営業で働いて会社で大きいプロジェクトをとってきてでっかい利益作りたいなんて人を人事部にいれたり経理に入れたりしますからね、筆者はそれで経理にされると役員面接で言われたのでその会社にいくのはやめました。経理は重要ですけどバックオフィスのだいたいはルーチンワークですからね、会計システムの変更なんかで業務の効率化をしたところで目に見えた数字でわかるわけでもなく、ビジネスを学ぶという意味では経験として薄いですからね。経理、大事ですよもちろん。

まとめ

絶対に働きたくないでござる。

 - 退職に際して ,

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();