自律神経を取り戻せ!

現実はいつも私に選択を迫る

*

自宅で稼げる職業探してみた

   

スポンサーリンク

時間も場所も縛られたくないニート、でも親のスネをかじれない負け組ニートなので自分で自分の生活費は稼がないといけない。そんなニートです。

office-583841_1280

スポンサーリンク

オンライン日本語教師

現在募集していないのですが、公文式で資格なしで申し込める求人がありました。定期的に募集しているみたいですね。研修の参加が必須みたいです。あと英語、中国語、ポルトガル語のどれかがしゃべれないといけないようです。筆者は余裕。ほかは日本語教師の資格が求められているところが多いみたい。

死なないように手に職をつける-日本語教師になるには

添削アルバイト

作文や論文、国家資格や模試、さらには就職のためのエントリーシートなんかもありました。簡単そうなものほど倍率も高く、単価は低いようです。ランサーズのタスク系の仕事のような価格崩壊はないようなので、試す価値はありそう。でもネットだけで完結するものと郵送でまとめて添削する系があった。筆者は定住ができないうわついた人間だからネットだけで終わるのじゃないときついなあ。

簿記1級を保持しているので会計の添削だったらできそう。ネットだけでいけるなら。

ランサーズ

やりました。心折れました。稼げないんだもん。

ランサーズはじめてみます

プロジェクトにも提案しましたがどうやら落ちてしまったみたい。残念。

まとめ

つぶしが効くというか、経験になるという意味では日本語教師がよさそうな気がする。台湾なら需要がありそう。途中で日本語教師の資格とって2、3年やれば青年海外協力隊で2年ぐらい途上国いけそう。

 - 収入について

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();