自律神経を取り戻せ!

現実はいつも私に選択を迫る

*

僕が中国語を3ヶ月で日常会話レベルにした方法

   

スポンサーリンク

こんにちは、私です。筆者の中国語レベルは過去問を使わずに新HSK6級に受かった(といっても200点前後)程度で、それなりに使えます。

china

スポンサーリンク

中国語が話せてお得なこと

  • 中国で現地人のふりができる→ぼったくられない(他国も同様)

中国旅行でドヤ顔でタクシーにのったりしても大丈夫。東洋顔ですしね。中国人同士でぼったくってるところもあるのでそのへんはほぼ諦めてます。

  • 結構広いところで使える→中国、台湾、マレーシア、シンガポール、その他チャイナタウンや外国の空港

アメリカのチャイナタウンでもタイでも使ったりしました。どこにでも生息しているので困ったときに助けてもらえます。中国国内のチャイニーズは人によりますが、国外に住んでる中国系は結構やさしい人が多い気がします。福建や広東の移民が多いですが、たいていは普通語(北京語)が通じます。

ざっくり発音と文法を覚える

日本語と中国語は文法も違い、英語に似ていると言われたりします。SVOぐらいは一緒ですね。まずはSVOでしゃべれるようになればコミュニケーションとしてはなりたつのであとは単語力になります。

筆者は下記の本を使いました。

CDつきなのでおすすめです。問題集も買いましたが、やりませんでした。つらいので。

発音はピンインを使うので、しっかり練習すべきと思います。ニーハオもni3hao3だったりで発音があります。発音は東京外語大の中国語モジュールがよさそうです。

東外大言語モジュール

ざっくり文法を終えたら単語に行きます。ざっくりで大丈夫です。意外と文法難しいんです。筆者も未だに使えない文法があります(むしろ3ヶ月しか真面目に勉強しなかったため。)

単語を覚える

おすすめはHSK4級の単語です。筆者は一部の専門用語を除いて、ほぼこの単語の中で喋っていたことにあとあと気づきました。日常会話はHSK4級の「1,200単語」で十分です。

筆者はエクセルにこの1200単語を入れ、グーグル翻訳と百度翻訳で日本語と英語に翻訳してざっくりした単語シートをつくりました。2種類の翻訳を使うのはへんな翻訳があったりするためのヘッジです。英語はその前に英語を勉強したため、忘れないようにと書いておきました。グーグル翻訳ではピンインも表示できるので、それもくっつけておきました。1200単語自体はエクセルシートでダウンロードできます。ググってください。

TOEIC300以下から2ヶ月で日常会話レベルにした話

そんなかんじでまとめたシートをしばらく見ていましたが、アンキドロイドというアプリでエクセルから読み込ませて暗記帳になりました。Androidでは無料のアプリでおすすめです。使い方はめんどうなのでググってください。すみません。

あとは練習です

筆者は中国語留学を始めたので使いまくってました。聞き取れないので筆談したりしましたが。基本的には単語さえしゃべっとけばいけるので、引きこもって勉強して、ちょっとしゃべるような生活でしたが、途中からは積極的にしゃべるようにしました。初期レベルの文法でも単語さえあればしゃべれるようになるので、文法はざっくりでいいと思います。

おそらく中国語勉強しにいく人はそんなにいないと思うので、オンラインレッスンで週2、3ぐらい試すと徐々に伸びていくと思います。中国語のドラマも流しつづけると一部聞き取れるようになります。

ちなみに3ヶ月でHSK4級も受かりました。過去問は2回ほど回しました。240点ぐらいだったと思います。

 

 - 中国語 ,

"); pageTracker._initData(); pageTracker._trackPageview();